代入とは?

入れ物を作っても、そこに数字や文字を入れる方法がわからなくてはいけません。
その、入れ物に入れたり、データを取り出したりする命令を『代入』といいます。

代入の方法

VB.netでは代入は次のようにプログラムで書きます。

変数A = 入れる値

という形です。算数とかだと=(イコール)は同じという意味ですが、
VB.netではイコールの前の入れ物に、イコールの後のモノを入れるというルールとなっています。

なので…

Dim s名前 as String     ‘’変数宣言

s名前 =  “いわま”      ‘’値入力

というプログラムを書いたとき、「n名前」という入れ物に、
「いわま」という値がセットされたことになります。

ちなみに…

Dim n名前 as Integer    ‘’数字の変数宣言

n名前 =  “いわま”              ‘’文字入力 ←エラーになる

すると、数字の入れ物に文字を入れようとしたのでエラーとなります。

さらに…

Dim s名前 as String               ‘’変数宣言

s名前 = “いわま”        ‘’値入力
s名前 = “岩間”            ‘’値入力2回目

と、連続で同じ入れ物に代入をすると、元の値が消えるので、いま入れ物には「岩間」が入っている。

こんな代入もあるよ

例えば、入れ物から入れ物に代入する事もできます。

Dim s名前 as String   ‘’変数宣言
Dim s講師 as String   ‘’変数宣言

s名前 = “いわま”                     ‘’値入力
s講師 = s名前

と、「s名前」「s講師」の両方に「いわま」が入っている。代入しても、入れ物の中身は消えません。