計算/処理のかたまり

プログラムの動きを表す重要な部分です。
オブジェクト指向のプロパティが、変数を表すとしたら、計算や処理の部分はメソッドを表します。
つまり、ある数字や文字を足したり引いたり掛けたりして、最終的にどんな結果が帰ってくるのかをプログラムします。

計算式

プログラムで計算をする場合は、変数の所でもちょっと出ましたが、「+」「-」などの記号で数字をつなぎます。
例えば、身長と体重からBMI(肥満度数)を計算する式は…

体重kg ÷ (身長m)² = BMI

なので…
これを、プログラミングする場合は…

nBMI = n体重 / (n身長 * n身長)

プログラミングで計算をする場合は

  1. 足し算 「+」             例)     1 + 2 =   3
  2. 引き算 「-」             例)     1 ― 2 = -1
  3. かけ算 「*」               例)     1 *   2 = 2
  4. 割り算 「/」             例)     1 / 2 = 0.5

を使うことを覚えましょう。

関数という処理のかたまり

計算式を作りました。でも、プログラムの中で毎回計算式を書くのは面倒ですよね?
それに、計算式がお客さんの要望で変更となったとき、すべて探し出して直していくのはとても時間がかかります。
なので、「処理のかたまり」(部品)を作っておく必要があります。

処理の種類

処理の種類は2種類あります。

サブルーチン    何かの処理をさせる

ファンクション   何かの処理をさせて、結果の値を返す

 この2つの動きは全く同じものです。大きく違うのは結果が返ってくるか返ってこないかです。

例えるなら、貯金をする場合…
サブルーチンは貯金箱。貯金をしても中にいくら入ってるかわからないですよね?
ファンクションは銀行に入金、入金した結果、口座にいくら入ってるか記帳されてわかります。

つまりは、結果を返すのか返さないかの話。

プログラム記述

プログラムは次のように行います。

Private Sub sub関数の名前(引数1,引数2,…)
  (ここに計算式)

End Sub

Private Function n関数の名前(引数1,引数2,…) as 変数型
   (ここに計算式)

   n関数の名前 = 結果を入れる
End Function

「Sub ~ End Sub」「Function ~ End Function」までがひとつの処理のかたまりです。
ボタンのイベントとか見ると同じなのがわかりますよね。
()のなかにある「引数」というのは、プログラムの中で使う変数を設定します。

例えば、BMIを計算する関数はどうなってるかと言うと…

Private Function nBMI(n体重 as Decimal  , n身長 as Decimal) as Decimal
           nBMI = n体重 / (n身長 * n身長)

End Function