条件判断・分岐

男だったらこっち、女だったらこっち、幼児までは無料、小学生は半額など場合によって状況が変わる事があります。
それを条件判断・分岐を呼びます。
VB.netでは以下の様に、場合によって処理を分けるプログラムを書きます。

 If文

もし、○○だったら○○、それ以外は××というプログラムです。
もし、○○だったら○○、○○で無くて××、××でなかったら△△…と言うこともできますが、
複雑になるので、私の開発では使わないようにしています。
○か○以外の2つに分ける時に「If」の構文を使いましょう。

【構文】

If (条件)  Then
 (条件がOKの時の処理)
Else
 (条件がNGの時の処理)
End if

【例】右が男子トイレの場合…

If s性別 = ”男” Then
  MessageBox.Show(“右へ進んでください”)
Else
  MessageBox.Show(“左へ進んでください”)
End If

【よく使う便利なプログラム】

テキストボックスに入れた値が、数字であれば「OK」、
文字であれば「エラー」と表示し、テキストボックスに移動するプログラム

If IsNumeric(txt入力.Text) = True Then
  MessageBox.Show(“OK”)
Else
  MessageBox.Show(“エラー”)
  Call txt入力.Focus()          ‘’エラーとなったテキストボックスに移動するメソッド

  Exit Sub
End If

Select Case文

この値が、○○なら○○、××なら××、△△なら△△、それ以外は□□など、
複数のパターンに応じて場合分けをする場合に、Select Case文を使います。
分岐の数はいくつでも大丈夫です。

【構文】

Select Case (条件)
  Case (条件1)
   (条件1の時の処理)

  Case (条件2)
   (条件2の時の処理)

  Case Else
   (条件1、条件2以外の時の処理)

End Select

【例】焼き肉食べ放題の料金について、年齢で分かれている場合…

Const n基本料金 as Integer = 2000
Dim n支払額 as Integer

Select Case n年齢
  Case < 6
    n支払額 = 0

  Case <= 12
    n支払額 = n基本料金 / 2

  Case Else
    n支払額 = n基本料金

End Select

MessageBox.Show(“支払金額は” & n支払額 & “円です”)

【よく使う便利なプログラム】テキストボックスの入力確認プログラム

Select Case txt入力.Text
  Case ””                  ‘’入力が無かった場合
    MessageBox.Show(“入力がありません”)

    Exit Sub            ‘’この後のプログラムは動かさない
  Case Else               ‘’入力があった場合
End Select